1.獣医の挑戦 Special Movie

※スペーサー

9/20(月)~9/26(日) 動物愛護週間にあわせて、青森県動物愛護センター公式チャンネルで動画配信を開始します。センター獣医師の挑戦を動画にしました。

※スペーサー

ここには問題行動がある動物がたくさん来ます。こうした動物でも手をかければ譲渡できるかもしれない。動物行動学や生理学、これまで蓄積してきた育成データ、職人的な勘と経験、あらゆることを取り込んで今できる最善を尽くしました。

※スペーサー

犬と暮らす

※スペーサー

犬には犬の生活があります。人には人の生活があります。犬と人が共に暮らすには、互いに許容し合わなくてはならない部分が必ず出てきます。それを最小限のストレスで犬に受け入れてもらうには、どうしたらいいか。お話したって伝わりません。わたし達から皆さんへ「犬と暮らすヒント」お届けします。

※スペーサー


子犬の社会化

犬は、生まれてから1年で大人になります。”世間知らずの箱入り犬”にさせないよう、子犬のうちにやっておくべき大切なこと。それが『社会化』です。


上手に楽しく散歩しよう!

犬と暮らす上で散歩はとても重要。
拾い食い、ひっぱり、散歩中の困った行動を何とかしたい。
ワンちゃんと一緒に練習しましょう!

狂暴ネコ慣らし実験

※スペーサー

令和2年度のネコ処分は約450頭。そのうち「狂暴で触ることができない」「人に慣れる気配がない」という理由で処分されたのは約200頭。狂暴なネコを譲渡可能なまでに慣らすことができるのか、また馴れるまでにどのくらいの時間が必要なのか、さまざまなアプローチを試みました。ひとたび人間を恐れてしまったネコの気持ちを変えるのは、本当に難しい。
ネコたちが狂暴になってしまった背景には、わたし達人間の不適切な飼育や動物遺棄の問題も隠れていることを知って下さい。

※スペーサー


狂暴ネコ慣らし実験 vol.1

350gでセンターに来た3匹の狂暴子ネコ達。全身全霊で威嚇する子ネコと獣医師との根競べ。


狂暴ネコ慣らし実験 vol.2

850g、推定8週齢。ぶつぶつ古文とふわふわ子守歌で、子ネコのこころを癒していきます。

※スペーサー

2.動物愛護週間ポスター

たくさんのご応募ありがとうございました。 

※スペーサー
動物愛護週間ポスター 受賞作品
ページトップ

青森県動物愛護センター