青森県動物愛護センター
Q&A

青森県動物愛護センター

トップページ  >  Q&A

青森県動物愛護センターに関するQ&A

 動物愛護センターに関する疑問にお答えしています。
下記の質問をクリックすると、回答をご覧いただけます。

  動物愛護センターについて

  犬の譲渡、飼い方などについて

  ふれあい活動などについて

  動物取扱業について

  ペットに関する苦情などについて

動物愛護センターについて

ページ上部へ戻る

Q.

動物愛護センターの業務内容は?

A.

おもな業務内容は次のとおりです。
 
  ア ペットに関する苦情相談(青森市を除く。)
  イ 犬の捕獲、返還(青森市を除く。)
  ウ 負傷動物の収容(青森市を除く。)
  エ 犬・猫の引取り(青森市を除く。)
  オ 犬・猫の譲渡
  カ 特定動物の飼養・保管許可
  キ 第一種動物取扱業登録・第二種動物取扱業届出
  ク 動物ふれあい活動
  ケ アニマルセラピー体験
  コ 動物由来感染症に関する調査

Q.

休館日と開館時間は?

A.

毎週月曜日が休館日です。月曜日が祝日の場合は、その次の日が休館日となります。
また、開館時間は午前10時〜午後4時までです。

Q.

入場料は必要ですか?

A.

施設見学は無料です。ただし、ドッグランを利用される場合は1頭につき、1時間あたり200円の使用料が必要になります。

Q.

動物愛護センターへの行き方は?

A.

お車でのお越しが便利です。メニュー「相談窓口案内図」を参考にお越しください。また、青森駅から市民バスでお越しになる場合は次のどちらかのバス停を利用されると便利です。
 1. 矢田行き約30分、宮田停留所で下車、徒歩約10分
 2. 滝沢行き約30分、馬頭観音停留所で下車、徒歩約10分
 3. 東部営業所から矢田経由滝沢行き、動物愛護センター停留所で下車、徒歩1分

Q.

予約しなくても見学できますか?

A.

予約は特に必要ありませんが、職員による施設内の案内をご希望される場合は、事前にご連絡ください。

Q.

施設見学には上履きが必要ですか?

A.

必要ありません。見学コースはすべて外履きのままで大丈夫です。

Q.

どうしてこのような施設を作ったのですか。また、このような施設は全国に多数ありますか?

A.

動物愛護と人間との共生について、青森県民が強い意志で望んだことが着工へとつながりました。
当センターは、動物愛護と適正な飼養の普及啓発を総合的に行う行政機関であり、「人と動物が共生する社会」の実現をめざしています。また、施設は東北でも最大規模、全国でもトップクラスです。どうぞ実際にお越しになって実感して頂ければと思います。

Q.

動物愛護センターのスタッフとして働きたいのですが?

A.

申し訳ありませんが、職員の募集は現在行っておりません。ただし、動物ふれあい活動や犬猫の譲渡会などを手伝ってくださるボランティアスタッフを多数募集しています。希望される方は、動物愛護センターまでご連絡ください。

Q.

動物愛護センターの事業に協力したいのですが?

A.

動物ふれあい活動や犬猫の譲渡会などを手伝ってくださるボランティアスタッフを多数募集しています。希望される方は、動物愛護センターまでご連絡ください。

Q.

動物愛護センターでは、どのような方が働いているのですか?

A.

当センターには青森県職員が常駐しており、獣医師、動物愛護監視員、事務職、技能技師などで構成されています。また、センター内には、青森市保健所生活衛生課分室も設置されています。

ページ上部へ戻る

犬の譲渡、飼い方などについて

ページ上部へ戻る

Q.

犬や猫を飼いたいのですが、動物愛護センターで譲ってもらえますか?

A.

はい、譲渡しています。
ただし、譲渡を希望される方は、前もって当センターが開催する譲渡講習会を受講してもらわなければなりません。講習会受講後、お見合いしていただき、気に入った犬や猫がいれば譲渡成立となります。
また、当センターで譲渡する犬や猫には、よくかかる病気を予防するためにワクチンを接種しています。譲渡の際には、1匹につき3,000円の手数料が必要になります。

Q.

仔犬を飼い始めたのですが、しつけがうまくできません。しつけ方を教えてもらえますか?

A.

犬のしつけ方教室を随時開催する予定です。日程が決まりましたらホームページに掲載しますので、ご確認ください。

Q.

飼い犬をドッグランで遊ばせてやりたいのですが?

A.

1頭につき、1時間ごとに200円でご利用になれます。
ドッグランご利用の際には利用者登録が必要です。登録には鑑札、狂犬病予防注射済票、混合ワクチン(5種以上)の証明書が必要となりますのでご用意ください。また、発情中のメス犬の利用はご遠慮ください。

Q.

今飼っている動物の新しい飼い主を探していただけますか?

A.

当センターでは飼っている動物の新しい飼い主を探す業務は行っておりません。
新しい飼い主を探すことは、飼い主が行ってください。まず、知人や勤め先等で欲しい方を探してみるのはどうでしょうか?また、新聞等の広告媒体を利用して探してみる方法もあります。

ページ上部へ戻る

ふれあい活動などについて

ページ上部へ戻る

Q.

アニマルセラピーに興味があるのですが、体験することはできますか?

A.

出張依頼のあった高齢者福祉施設などに当センターの動物とともに訪問し、アニマルセラピーを体験していただきます。
アニマルセラピー体験を希望される場合は、事前に当センター(017-726-6100)までご連絡ください。

Q.

小学校の課外授業として利用したいのですが、どのような体験ができますか?

A.

当センターでは、動物とのふれあいを通じて命の大切さを実感してもらいたいと考えています。
動物とのふれあいの時間では、聴診器を使って動物の心臓の音を聞いたり、ウサギを抱いてみたり、餌をあげたりして思い思いの時間を過ごして頂きます。その後、飼い主の都合で当センターに引き取ることとなった犬や猫の状況や動物の適正な飼養方法についてお話しし、動物を飼う責任の重さと命の大切さを学習して頂くこととしています。どうぞ皆様のお越しをお待ちしています。

Q.

学校の研究課題として動物の習性について調べているのですが?

A.

動物に関する図書や専門書などを豊富に揃えていますので、積極的にご利用ください。

ページ上部へ戻る

動物取扱業について

ページ上部へ戻る

Q.

新しくペットショップをオープンするのですが、どのような手続きが必要ですか?

A.

動物の販売などを行う場合は、第一種動物取扱業の登録が必要になります。登録に必要な書類は、動物愛護センターまたは最寄りの動物愛護センター駐在(保健所)に用意しています。
なお、登録には15,000円の手数料がかかります。有効期間は5年間です。その他ご質問がありましたら、動物愛護センターまでお問い合わせください。

参照:環境省HP 動物取扱業の規制について

ページ上部へ戻る

ペットに関する苦情や相談などについて

ページ上部へ戻る

Q.

保健所では動物の業務を行わなくなったのですか?

A.

東地方保健所が管轄する東津軽郡では、動物の業務は動物愛護センターで行っています。他の地域では、引き続き、各保健所に駐在している動物愛護センターの職員が行っています。
なお、青森市内については、青森市保健所が業務を行っています。
参照:青森市保健所HP

Q.

夜間や土・日・祝日における苦情の相談は受付していないのですか?

A.

人命への危険性があるなど緊急性が高い場合には対応します。
緊急時は090−9749ー9871番までご連絡ください。
なお、青森市内における苦情については、青森市保健所までご連絡ください。ただし、休日及び平日夜間は、青森市役所守衛室017-734-1111番までご連絡ください。

Q.

飼えなくなった犬や猫は引き取ってもらえますか?

A.

動物の愛護及び管理に関する法律により、飼い主には、動物がその命を終えるまで適切に飼養する(終生飼養)責任がありますので、どうしても飼えなくなった場合には、まず自分で新たな飼い主を探したり、動物愛護団体に相談する等して、譲渡先を見つける努力をしてください。その上で、ご相談ください。
なお、飼えないからという理由で、愛玩動物をみだりに殺傷・遺棄することは犯罪です。

Q.

犬や猫以外のペットも引き取ってもらえますか?

A.

引き取れません。ペットを飼う場合には十分考慮してから飼うようにしてください。

Q.

ケガをした野生動物を見つけた場合も動物愛護センターに連絡すれば良いのですか?

A.

野生動物を見つけた場合は、最寄りの地域県民局地域農林水産部へご連絡ください。

Q.

ケガをした犬が道路に横たわっています。まだ息があるようですが、保護してもらえますか?

A.

負傷した動物を発見した場合は、最寄りの動物愛護センター本所又は駐在までご連絡いただければ収容に伺います。
ただし、不運にも死んでいた場合は、最寄りの市町村役場へご相談ください。

Q.

動物愛護センターに保護された犬は、どのくらいの期間で処分されるのですか?

A.

犬を収容した場合は「狂犬病予防法」に基づき、その犬の飼い主を見つけるため、犬を捕獲した場所を管轄する市町村及び保健所が2日間公示します。公示期間満了後1日以内に所有者がその犬を引き取らなければ、処分ができることとなっています。このように非常に短い期間であることから、犬がいなくなった場合には、すぐに動物愛護センターまたは市町村の動物担当部署まで連絡してください。

ページ上部へ戻る

その他

ページ上部へ戻る

Q.

犬、猫を外国へ連れて行くには、どのような手続きが必要ですか?

A.

外国へ犬、猫を連れて行くときは、日本を出るための条件と相手国に入るための条件をクリアする必要があります。
なお、相手国により条件が違いますので、事前(出国する7日前まで)に動物検疫所に連絡してください。
詳しくは動物検疫所ホームページで確認してください。

ページ上部へ戻る


All Rights Reserved, Copyright (C) 青森県動物愛護センター.