子ネコ育成ボランティア

※スペーサー

センターに来る子ネコたち

生まれたてで目が開いていない白い子ネコ

200g以下(生後約2週以下)
R2年度、98頭搬入

抱き合って眠る200gの仔ネコたち

200~400g(生後約2~4週)
R2年度、86頭搬入

400g~600gのキジトラ仔ネコ

400~650g(生後約4~7週)
R2年度、55頭搬入

令和2年度、センターに搬入された子ネコ(1800g以下)は315頭です。センターでは、「動物の愛護及び管理に関する法律」に準じて生後56日以降とみなした(約650g)ネコを譲渡しています。
650g以下の幼い子ネコは239頭、子ネコ全体の76%です。

※スペーサー

全ての子ネコを助けられるわけではない

センターに来る子ネコの状態

センターにはたくさんの子ネコが搬入されますが、その状態は様々です。ある程度の大きさがあり、元気で人懐っこく、ホームページに載せればすぐに新しい飼い主さんが現れるような子ネコは全体の2割以下です。

  • 元気で人懐っこく、すぐ譲渡できる(2割以下)
  • 親ネコの育児放棄による衰弱
  • 感染症にかかっている
  • 警戒心が強く人に対して攻撃的
  • 警戒心が強く隠れて出てこない、脱走する
  • 交通事故などによる怪我で瀕死
  • 幼すぎて人の手で育てるのが難しい

センターで子ネコを育成する

センターでは過去数年間にわたり様々な日齢の子ネコを育て、育成データを取りました。 その結果、センターの施設設備、財源、スタッフの数、感染症制御(密にならない収容頭数)、もらってくれる人の数(需要)、などの状況の中で、 「センターで管理できる子ネコの範囲」が以下の通りわかってきました。

  • 搬入時の体重がおおむね400g以上であること
  • 搬入の時点で感染症を疑う症状がないか、軽度であること
  • センターのキャパシティを超えていないこと(感染症制御をしながら健康に管理できる頭数内である)

小さな命を救いたい

譲渡前講習会でのアンケートと譲渡データ分析から、子ネコを欲しい人は成ネコを欲しい人よりもずっと多いことがわかりました。 わたし達は、すべてを助けてあげられないのであれば救える命の数を増やしたいと考えました。
「もらわれる可能性の高い子ネコをたくさん譲渡に出したい。センターで育てられる限界を超えた分は県民の皆さんに協力をお願いして育ててもらおう。」
愛護センターでは、センターでの管理上限を超えた子ネコを育成ボランティアさんに育ててもらう事業として、『子猫育成ボランティア事業(育ボラプロジェクト)』を平成30年に立ち上げました。

『育ボラプロジェクト』は「センターでの管理上限を超えた子ネコ」を育ボラさんに育ててもらう事業です。

約20名の「育成ボランティアさん」が子ネコを育ててくれています

立ち上げから2年間は、体重450~600g、生後5~7週程度の子ネコを育成ボランティアさんに預け、育ててもらいました。 愛情たっぷりに育てられ健やかに成長したたくさんの子ネコたちが、新しいご家庭へ譲渡されていきました。 令和2年度は、より小さな子ネコ(体重200~450g、生後10~35日程度)を対象とする「ミルクボランティア」を開始しました。

主婦の方、お仕事をされている方、お仕事を引退されたご夫婦など、いろいろな方がこのプロジェクトに参加しています。 また、北里大学の獣医学部の協力により、獣医学部学生の育成ボランティアさんもいます。

哺乳瓶でみるくを飲ませてもらうキジトラ仔猫

授乳

コットンでお尻を拭いてもらい排尿させてもらっているキジトラ仔猫

排泄の補助

スタッフの服の中に入りカンガルーケアーをしながら餌を食べさせてもらうキジトラ仔猫

離乳

R2年度:収容した子ネコのうち譲渡されたもの

(グラフはclickで拡大できます)

縦軸:センターに来た時の体重
横軸:収容した日
丸の大きさ:1群の頭数

殺処分または死亡した子ネコ
譲渡された子ネコ

子ネコは2~6頭兄弟まとめて搬入されることが多く、これを1群と数えます。子ネコの搬入は春から秋(ネコの繁殖時期)に多くなります。400gに満たない幼いネコが多数搬入されていることがわかります。

センターで育成の難しい 200~550g の子ネコの多くは、育ボラさんに育てて頂いたのちに譲渡されました。

育成ボランティアさんの質問・意見

育成ボランティアの皆さんから、ご意見・ご質問をいただきました。

回答のページTOP へ

Clickで各項目にジャンプ

  1.  ネコの引取り条件
  2.  ペットショップの規制
  3.  飼う人のモラル、野良猫の問題
  4.  譲渡前講習会のリモート
  5.  ミルクボランティア、ピンチヒッター欲しい
  6.  ミルクボランティア、駐在で対応できないか?

育成ボランティアさんの感想文

育成ボランティアさんに体験談を書いていただきました。順次掲載していきます。

※スペーサー

育成ボランティアさんにインタビュー

※スペーサー
※スペーサー

青森県動物愛護センター