青森県動物愛護センター - トピックス
飼養鳥の健康観察等の徹底について
 2008年4月、韓国において高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されています。
 農林水産省では、国内における発生防止の強化を図っています。
 動物の愛護及び管理に関する法律に規定する動物取扱業者、一般飼養者等の皆さんも、飼養鳥の健康観察等を徹底し、何らかの異常(原因が分からないまま、鳥が次々に連続して死んでしまうなど)が認められた場合は、動物愛護センターまでご連絡ください。

 関連リンク : 青森県ホームページ 「高病原性鳥インフルエンザに関する情報」
          環境省ホームページ 「高病原性鳥インフルエンザに関する情報」