発達障がいのあるお子様の保護者の方へ

一般に動物は、大きな声、急な動き、強い力などに怯えます。怯えた動物は攻撃的になり、威嚇、咬む、引っ掻くなどの行動をとることがあります。お子様の特性によっては「ふれあい」は少し難しいことかもしれません。しかし、保護者様とスタッフのサポートがあれば、上手にふれあえるお子様も多いのです。
愛護センターでのふれあいが素敵な体験になりますように。

※スペーサー

「通常のふれあい」「スタッフ付きふれあい」を選べます

スタッフ付きふれあい

以下のようなお子様は、安全のため「スタッフ付き(個別対応)ふれあい」をおすすめします。個別対応のご利用時間は10~15分程度です。

  • 順番待ちが苦手 、たくさん人がいるのが苦手
  • 大きな声を出す
  • 急な動きをする、走り回る
  • 力加減がわからない
  • さわるのが怖い(汚れや触感を気にする)
  • 新しいことが苦手
※スペーサー

通常のふれあい

上述のような特性がない場合は「通常のふれあい」でも大丈夫です。ふれあい区画にはスタッフが常在していますので、安心してご利用ください。

※スペーサー

「スタッフ付きふれあい」受付け

お子様のことを教えてください

ヘルプカードなどをお持ちでしたら、見せていただけると助かります。

  • 苦手なこと(大きな音、ざわざわした雰囲気、まぶしさ、順番待ち など)
  • クセ(大きな声をだす、動きが激しい、走り出す など)
  • 接し方(知らない人に触られたくない、男の人が苦手 など)

保護者様と打ち合わせ

保護者様にふれあいの方法をご提案します。

  • 動物の種類(犬、ウサギ、モルモット のいずれか1種)
  • 体験の場所(犬の部屋、検査室、広場)
  • 触り方(手を添える、手袋を使う など)

お子様に写真で説明

お子様に、ふれあいの手順をシンプルに伝えます。

※スペーサー

スタッフの役割、保護者様の役割

お子様のことを一番よく知っているのは保護者様です。そして、動物のことを一番よく知っているのはスタッフです。

保護者様はお子様に寄り添ってください

  • お子様がリラックスできるように声がけをお願いします。
  • お子様の急な動きを妨げるように、寄り添ってあげて下さい。

スタッフは動物に寄り添います

  • 動物が落ちついていられるように、スタッフが動物をコントロールします。
  • どこをどのようにさわればよいか、声がけをします。
  • お子様が嫌がらないなら、手を添えてサポートします
※スペーサー

ふれあいの方法

お子様の特性やできること、その時にいる動物の性質や体調に合わせ、以下の体験を1~3個組み合わせます。
(モデル協力:インターンシップの大学生)

※スペーサー                                              
体験 内容
練習 実際に動物に触る前に、ぬいぐるみを使って力加減・触り方を練習します。
ふれあい お子様に合わせたふれあい方をします。※
柵ごし 柵ごしで犬に触ります。触るのを怖がるお子様におすすめです。
お手伝い① スタッフが犬の散歩に行くときに、一緒についていきます。
お手伝い② スタッフと一緒に、エサやり、洗い物、掃除などをします。
ツアー 動物には触りません。スタッフと一緒に場内をまわり、色々な動物を見ます。
  • スタッフが抱く犬を触る、バスケットにいれたウサギを触る、手袋をつけて動物に触る、など
※スペーサー
犬のぬいぐるみを使い、犬のさわり方の練習

ぬいぐるみで練習

スタッフが手を添え、利用者がウサギをさわる

バスケットに入れたウサギをさわる

柵ごしで動物に触る

柵ごしで犬にさわる

青森県動物愛護センター