様々な仕事

※スペーサー

実はたくさんある「動物の世話以外の動物の仕事」をご紹介するページです。

※スペーサー

子ネコが来た

生まれて間もない子ネコがまた搬入されました。搬入される子ネコすべてを助けることはできません。
衰弱していないか、ミルクを飲めるか、排尿できるか、皮膚や関節の状態など丁寧に観察します。このあとセンターで数日育成し、ミルクボランティアさんに預けられそうであれば、受け入れます。

▶健康診断
体をきれいにふきます。体温が低下していれば、温めて回復を期待します。

ミルクを飲ませる
子ネコは3~6頭(群)で搬入される場合が多いです。弱い個体は、搬入時に衰弱していたり死亡していたりします。ミルクをよく飲む生命力の強い個体を選びます。

排尿
生後間もない子ネコは自分で排尿できません。おしりをトントンと刺激して排尿を促します。

「子ネコ育成ボランティア」のページへ

青森県動物愛護センター