所長あいさつ

※スペーサー(必要かなと思って実装)spacer10~90まで

いつも青森県動物愛護センターのホームページをご覧いただきありがとうございます。青森県動物愛護センターは、平成18年(2006年)4月に総合的な動物行政を担う拠点として開設され、動物愛護思想の普及啓発に取り組んで参りましたが、おかげさまで令和4年(2022年)3月末には入館者が延べ40万4千人を数えるまでとなりました。心よりお礼申し上げます。

さて、青森県動物愛護センターの一般公開再開を心待ちにしていたお客様、大変お待たせいたしました。4月12日(火)から通常どおり開館いたします。残念ながら、新型コロナウイルス感染症はまだ収束したわけではございませんので、来館時の感染防止対策について引き続きご理解とご協力をお願いいたします。また、譲渡前講習会やドッグラン利用につきましても、同様の観点から当面の間、人数や時間制限をして対応させていただくこととしておりますのでよろしくお願いいたします。

今後も青森県動物愛護センターでは、繁殖制限の必要性や猫の室内飼育などの普及啓発を継続しながら、動物の習性や飼い方の知識不足から社会問題化している多頭飼育の対策にも取り組み、開設当初からの目標である「人と動物が共生し、健やかで安心して暮らせる温かな社会」の実現を目指して参りますので皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

所長室で仕事中の所長

愛護センター所長
橋端 宏

施設正面

施設正面

愛護センターの航空写真

航空写真
ドッグラン、しばふの広場、馬場などを備えた広々とした施設です。

※スペーサー(必要かなと思って実装)spacer10~90まで

青森県動物愛護センター